院長ブログ

院長ブログ

2018.08.01

夏バテ対策

連日、暑い日が続きますが、ユナイテッドクリニックなんば院は、暑さに負けず営業しております。月曜日~土曜日は「11時~20時」、日曜日と祝日は「10時~17時」までの診療時間となっていますので、「ED」「早漏」「薄毛」で気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

今回は夏バテ対策について、いくつかご紹介していきたいと思います。

夏バテの症状には、「疲れがとれない」「食欲がなくなる」「よく眠れない」などの特徴があります。夏バテの原因は、室内の空調による冷えや、暑い屋外との温度差で自律神経が乱れることにより引き起こされると考えられています。夏バテ対策
疲れをとるためには、質の高い睡眠をとらなければなりません。室内を快適に保つためには、室内温度を約28度、湿度は50~60%を目安に、エアコンや扇風機を活用してください。一晩中かけ続けるのではなく、タイマーを1~2時間でスイッチが切れるように設定することがポイントです。扇風機は風が直接身体に当たらないように調整したほうが良いでしょう。筆者の主観では、扇風機の風を壁に当たるように調整することで、室内の外側から内側へと循環するのでお勧めです。

水分補給に関してですが、夏は脱水症状や熱中症になりやすい季節であるので、普段よりもこまめに補給するようにしてください。また、大量の汗をかくと水分と同時に塩分も失われていきますので、塩分も摂取しなければなりません。塩分を失うときは、スポーツドリンクを飲んだり、塩分が含まれている飴を摂取したほうが良いでしょう。但し、アルコールは、脱水作用があるため、水分補給には適さず、炭酸飲料の飲み過ぎは糖分の摂り過ぎに繋がるため、気を付けなければなりません。

バランスの良い食事を摂ることは、夏バテ対策以外にも有効です。夏は暑いので冷たい食事になり、栄養バランスが崩れやすくなります。冷たいものを食べ続けると胃腸の働きが弱くなるので注意が必要です。夏だからこそ、冷たいものよりかは熱い食べ物を摂取したほうが身体に良いでしょう。また、豚肉、まぐろ、大豆製品に含まれるビタミンB群は、スタミナupに効果的です。プラスαで、にんにくやネギを摂ることで、ビタミンB1の吸収が良くなるのでお勧めです。旬の食材には、夏バテを予防するために効果的な食材が多いので、旬の食材を摂取するように努めましょう。

私たち人間は、発汗で温度調節をしているため、汗をかく能力を高めることも「夏バテ」予防に繋がります。汗をかくと言っても、大量の汗をかくと、水分や塩分が損なわれてしまうので、軽めの運動を行うようにしましょう。そうすることで、汗腺が開いて汗をかきやすくなります。汗をかいたら早めに水分補給をするようにしてください。ポイントは、気温が低い早朝や夕方以降です。日中に運動をしてしまうと、炎天下で熱中症のリスクが高まるので危険です。日中に運動する場合は、太陽が当たらない場所でするように努めましょう。

診療メニュー一覧

診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿西口ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪ユナイテッドクリニック公式サイト
京都四条烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
06-4256-2877
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿西口ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪ユナイテッドクリニック公式サイト
京都市場烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト