パキシル

早漏治療薬パキシル(一般名:パロキセチンPAROXETINE)

パキシルとは?

パロキセチン

ED治療薬の処方を行っている医院では早漏治療薬としてパキシル(パロキセチン)を処方しています。パキシルとはSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)に分類される抗うつ剤です。本来パキシルは抗うつ剤(うつ状態・パニック障害等)として処方されることが多く効果としては、脳内の神経伝達をつかさどるセロトニンの働きを強めることにより抗うつ作用や不安作用を示し、突然の激しい不安・人前での過度な緊張・憂うつな気持ちなどの症状をを改善し、うつ病・うつ状態・パニック障害・強迫性障害・社会不安障害・外傷後ストレス障害の治療に使用されています。早漏症改善薬ではなく、パキシルの副作用に早漏改善効果があるのです。

パキシルの効果

パキシルの服用での有効な論文は複数紹介されています。多くは、性行為の5時間前に服用すると4人~6人程度に1人ぐらいの割合で射精時間が平均30秒~90秒時間が伸びたというデータがあります。早漏治療薬のプリリジー(ダポキセチン)が登場する前は医師の問診で服用される方が多くいらっしゃいましたが、プリリジーが登場してからは有効性の高いプリリジーを服用される方が増えパキシルを服用される方が減りました。しかし、性行為が不慣れだったり子作りのプレッシャーなどから不安要素を取り除くために使用されている方などまだまだいらっしゃいます。当クリニックでもパキシルとの相性がいい方やプリリジーでは効果が出なかった方に処方しております。

パキシルとプリリジーは併用できません

パキシルとプリリジーは同じセロトニン作用性を持つSSRIに分類される薬剤ですので併用できません。併用服用すれば射精時間がもっと長くなるとお考えの方も中にはいるかもしれませんが絶対に併用服用しないでください。SSRI・SNRI・三環系抗うつ剤などセロトニン作動性をもつ薬剤を使用中の方やその薬剤を中断後14日以内も禁忌となります。プリリジーは国内で未承認ですが、厚生労働省は早漏治療専門のクリニックの一部に処方を許可しています。許可を得ているクリニックで必ず処方してもらいましょう。また、早漏治療の為にユリーフ(シロドシン)・トラマール(トラマドール)の服用で副作用の相談が多く報告されていますのでご注意ください。

診療メニュー一覧

診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿西口ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪ユナイテッドクリニック公式サイト
京都四条烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
06-4256-2877
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿西口ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪ユナイテッドクリニック公式サイト
京都市場烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト